4.6
Rated 4.6 out of 5

(すべてのレビューを見る)

Search

PrEPを効果的に摂取する方法は次のとおりです。

HIV感染の高いリスクがある場合、PrEPの使用は良いアイデアかもしれません。現在では、PrEP治療には以前よりも多くの選択肢があります。PrEPの服用方法は自由です。PrEPを摂取する方法はカスタマイズ可能ですが、多くの人は毎日摂取することを選びます。

一般的に、週7日毎日PrEPを摂取することが最も効果的な戦略です。効果を最大限にするために、毎日同じ時間に摂取するようにしましょう。また、食事の有無に関係なく摂取することができますが、最良の結果を得るためには医師の指示に従うことが重要です。

PrEPを適切に摂取する方法についての詳細情報は、引き続きお読みください。

PrEPの摂取方法

デイリーPrEP投与量

PrEPは、HIV予防のためのデイリー投薬として認識されています。TruvadaとDescovyは、簡単に入手できる2つのPrEP薬です。Descovyはテノホビルアラフェナミド(TAF)とエムトリシタビンを含み、Truvadaはテノホビルジソプロキシルフマル酸塩(TDF)とエムトリシタビン(FTC)を含んでいます。両方の薬は効果的なPrEP療法として認識されており、Descovyは若干の高い効力を持つより新しい薬です。しかし、両方の薬は同様に機能し、ジェネリック形式でも入手することができます。

PrEPを服用する必要がある人は誰ですか?

HIV陽性のパートナーと肛門または膣の性行為をする方 コンドームを使用せずに頻繁に肛門または膣の性行為をする方 直近6ヶ月以内に性感染症があった方 薬物を注射したり、HIV陽性の注射薬使用者と性的に関わる方 注射薬の針や注射器などを他の人と共有する方 過去に何度かPEP(曝露後予防)を勧められた方 PEPのコースを終えた後も危険な行動を続ける方 パートナーがHIV陽性で妊娠している方

PrEPの使用を避けるべき人は誰ですか?

以下の条件に当てはまる場合は、PrEPの使用を避けるべきです:

陽性のHIV検査結果がある方 特定の腎臓の問題を抱えている方 定期的に薬を毎日服用する覚悟ができていない方

PrEPは毎日、同じ時間に飲むべきです。アラームやピルケースを使用するのは、毎日同じ時間にPrEPを摂取するための最善の方法の一つです。これらのツールは、服用量を追跡し、服用を忘れたりスキップしたりしないようにするのに役立ちます。最適な保護を確保するためには、毎日PrEPを摂取することが重要です。

アルコールとPrEP

PrEPの薬物は直接的にはアルコールとは相互作用しません。PrEPを服用しながらアルコールを飲むことのリスクは、薬を忘れる可能性が高まることです。服用を忘れるとHIVに感染するリスクが高まります。そのため、PrEP治療中に大量のアルコールを摂取することは推奨されません。ただし、適度に飲酒することは問題ありません。

PrEPと他の薬物

医師には、現在服用している追加の処方薬、市販薬、または漢方薬について報告することが重要です。ジクロフェナク、ナプロキセン、イブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、PrEPと相互作用する可能性があります。これらの薬を併用すると、PrEPを服用する際の腎臓の問題のリスクが高まる可能性があります。追加の潜在的な薬物相互作用については、医師や薬剤師と相談することをおすすめします。

PrEPの曝露後

HIV感染のリスクが高いと予想される場合は、PrEPを使用するべきです。これはHIVに感染する可能性のある状況に遭遇した後に投与されるPEPとは異なります。PEPは曝露後72時間以内に開始されると最も効果的です。もしHIVに曝露した場合は、28日間特定の抗ウイルス薬を服用することが勧められるかもしれません。PEPコースを終えた後もHIV感染のリスクが高いと思われる場合は、PrEPに切り替えることができます。

毎日のPrEP服用と隔日服用

男性は、週に少なくとも4回のデイリーPrEP服用で十分な保護を受ける可能性があるという研究があります。隔日服用、または週に少なくとも4日間服用すると、PrEPの血中濃度は十分に保護効果があると判明しています。ただし、この研究は男性同士の性行為に焦点を当てたものであり、女性やトランスジェンダー男性では、隔日服用や週に4日間服用することが同様に有益ではない可能性があります。最適な保護を得るためには、デイリーのPrEP服用が推奨されます。

PrEPは夜に摂取すべきですか、朝に摂取すべきですか?

PrEPは朝または夜に摂取することができます。最適な時間帯は予め決まっていません。毎日同じ時間に摂取すれば、自分のスケジュールに合わせて調整することができます。朝食前や寝る前に摂ることを選ぶこともできます。

必要な時にPrEPをどのように服用すればよいですか?

必要な場合のPrEP(必要時PrEP)は、別のHIV予防方法です。予想される性的なイベントの前に必要な場合のPrEPを服用します。性行為のタイミングを予測できる場合や週に数回よりも頻度が低い場合に、この種のPrEPを服用することができます。毎日服用する必要がないため、PrEPを簡単に使用できます。性行為時にはごく少量のPrEPしか必要ないため、費用も節約できます。

必要な場合にPrEPを服用する方法

必要な場合のPrEPは、指示通りに欠かさず服用する必要があります。男性が男性と性行為をする場合には、このPrEP服用計画が推奨されています。通常、トランスジェンダーや女性のユーザーには推奨されません。

必要な場合のPrEPの服用量は次のとおりです:

性行為の2〜24時間前に、初回のローディング量として2錠(同時に)服用します。 ローディング量の24時間後に、1回の服用で1錠を服用します。 前回の服用から24時間後に再び服用します。

必要な場合のPrEPは、2-1-1アプローチとも呼ばれます

数日間の性行為を予定している場合は、初回のローディング量の後、性行為を行う各日に1錠の服用ができます。ただし、最後の性的な経験の2日後までには1回の服用のみとすることを忘れないでください。

PrEPの錠剤を摂取する他の方法

1週間の旅行や長い週末の休暇に行く予定ですか?あるいは春や夏にたくさんのイベントが予定されていますか?心配ご無用です。PrEPは長期間使用することができます。PrEPを一定期間保護したい場合、プレプ・オン・デマンドと同様にPrEPを使用することができます。長期的なPrEPの使用の価格や副作用について心配するかもしれませんが、幸いにも定期的なPrEPは必要に応じて徐々に毎日のPrEP投与量を増やす効果的な方法です。

定期的なPrEPの投与量のガイドライン

以下は定期的なPrEPの推奨事項です。男性と性行為をする男性の場合:

性行為の2〜24時間前に、初回のローディング投与量として2錠(同時に)を摂取します。 ローディング投与量を摂取した後、1回の投与量を摂取し、性行為中は毎日24時間ごとに1回の投与量を摂取します。 最後の性的な経験の後の2日間、毎日1回の投与量を摂取します。

その他、男性間の性行為に従事するトランスジェンダーを含む他の人々の場合:

性行為の7日前から1日1錠を毎日摂取します。 最後の性的な経験の後の28日間、毎日1錠を摂取します。

状況によっては、性行為を予定している日数分の十分なPrEPを確保しておくことが重要です。保護のために十分なPrEPがない場合、計画が台無しになる可能性があります。

PrEPの投与を忘れた場合はどうすればよいですか?

毎日PrEPを一貫して摂取している場合、1回の投与を忘れてしまっても通常は大丈夫です。思い出したらすぐに薬を摂取するようにしてください。忘れた投与を補うために、2錠を一度に摂取することは避けてください。

つまり、週に3回まで投与を逃しても、週に4日間PrEPを摂取することでこれらの男性は依然として保護されます。女性は週に1回以上の投与を逃してはいけません。週に6〜7日PrEPを摂取する女性が最大の効果を得ます。

PrEPが効果を発揮するまでにはどれくらい時間がかかりますか?

肛門性交を行った場合、PrEPが完全に効果を発揮するまで最大で7日かかることがあります。静脈内薬物使用や膣性交を行った場合、PrEPが完全に効果を発揮するまでには21日かかります。肛門組織と比較して、膣組織はPrEPが利用可能になり吸収されるまでに時間がかかる場合があります。指定された時間が経過するまでは、PrEPで完全に保護されるまでコンドームの使用を続ける必要があります。

PrEPをどれくらいの期間摂取する必要がありますか?

HIVに感染する可能性がある期間は、PrEPを使用するべきです。異性愛のセックスをする場合、コンドームを使用しない場合、または自分自身やパートナーと定期的に注射薬を使用する場合は、毎日PrEPを継続して摂取する必要があります。

個人の状況によっては、いつでもPrEPの使用を中止することができます。たとえば、もはやHIV感染のリスクが高い活動に従事する予定がないと思う場合は、PrEPの摂取を中止することができます。ただし、高リスクな肛門性行為や膣性行為を行い、再びHIVに曝露される可能性があると思う場合は、コンドームを使用する必要があります。また、PrEPの再開を検討することもできます。ただし、PrEPは治療を再開してから肛門組織では7日、膣組織では21日後に効果が発揮されることを覚えておいてください。

PrEPの投与量の変更

PrEPは多目的な薬物であり、さまざまな方法で使用することができます。HIVのリスクに応じて、必要に応じて異なるPrEP投与戦略を切り替えることができます。PEPのコースを修了した場合、HIVに頻繁に曝露される可能性がある場合にPrEPを使用することができます。HIVに頻繁に曝露される可能性があると思われる場合は、イベントベースや定期的なPrEP投与のスケジュールを試してからPrEPの薬物を開始することもできます。最適な対策は、医療専門家と相談することで判断されます。

DeliverDoseはお手伝いする準備ができています。

DeliverDoseから必要な薬を購入してください。DeliverDoseは一流のジェネリックメーカーとの独占的な提携を通じて、最適な薬を提供することに専念しています。あなたのニーズに合った処方箋薬を無料で自宅にお届けすることができます。プライバシーのため、すべての薬は控えめに提供されます。

オンラインでPrEPを購入する詳細については、詳細をご覧ください。

無料のPrEP供給のために登録してください。

私たちが10件の有料注文を受け取るごとに、毎月30日に必要な方に1か月分の無料PrEPを送付しています。プログラムへの登録には、メールアドレスを入力してください。