4.6
Rated 4.6 out of 5

(すべてのレビューを見る)

Search

PrEPの短期および長期の副作用

予防的なHIV薬(Pre-exposure prophylaxis、PrEP)は、HIV感染を防ぐために使用されます。これには抗レトロウイルス薬の使用が含まれます。HIV陰性でありながらウイルス感染のリスクが高い場合、PrEPはHIV感染のリスクを減らすのに役立ちます。PrEPの治療には、TruvadaとDescovyの2つのFDA承認済み薬があります。これらの薬は、1つの経口錠剤に双方の薬剤が組み合わされています。PrEP薬は、指示通りに使用されるとHIV感染を効果的に防ぐことができます。

PrEPを利用することで、自分の健康を管理し、HIV感染から身を守ることができます。他の薬と同様に、PrEP薬を服用することに対して不安を抱くかもしれません。例えば、「PrEPは安全ですか?」や「PrEPに副作用はあるのでしょうか?」などが心配になるかもしれません。

しかし心配する必要はありません。PrEPの安全性や、潜在的な副作用について詳しく理解するために、読み続けてください。

PrEPの副作用はありますか?

PrEPにはほとんどの薬と同様に、潜在的な副作用が存在します。副作用と利益のバランスが重要です。各人の体は薬に異なる反応を示す可能性があります。しかし、多くの人はPrEPの副作用をほとんど経験しません。もし経験しても、これらの副作用はかなり耐えられるものです。研究によれば、PrEPの副作用は可逆的で、重篤な疾患にはつながりません。

FDAの処方情報によれば、一般的なPrEPの副作用として、10,000人以上の調査で、頭痛、腹痛、体重減少を経験した人はわずか2%でした。吐き気、嘔吐、および胃腸の問題はPrEPを服用した人のわずか3.8%に起こりました。他の副作用の例として、腎臓の問題が2.4%、骨の問題が1.7%報告されています。臨床試験では、ごくわずかな人がこれらの副作用を経験しました。

臨床試験で報告された問題はすべてPrEPの副作用とは関連しているわけではありません。既往疾患や薬物相互作用など、さまざまな要因も特定の副作用の原因となることがあります。一部の人々がこれらの副作用によって重篤な腎臓や骨の毒性症状が引き起こされると誤解されているかもしれませんが、これらの副作用を経験する多くの人は、PrEPを始める前から腎臓や骨密度の問題を抱えている可能性があります。

ほとんどの若くて健康な人はPrEPの副作用を経験しません。多くの処方薬と同様に、50歳以上の人は副作用のリスクが高くなります。それにもかかわらず、FDAとCDCはPrEPを服用できる患者に特定の制限を設けています。PrEPを始める前に、既往症や他の服用薬について医師に伝える必要があります。また、副作用があれば報告するべき

PrEPの最も一般的な副作用は何ですか?

PrEPの一般的に知られている副作用は以下の通りです:

  • 吐き気、嘔吐、頭痛、腹痛、下痢、疲労、うつ病または不安、食欲不振、体重変化(増減)、睡眠障害

最もよく知られている副作用は頭痛、腹痛、体重減少です。膨満感やガス、便秘などの消化器系の問題もPrEPの使用時に経験される場合があります。めまい、うつ症状、皮疹などの副作用は、PrEPではなくHIV治療のためにTruvadaを使用している人々により頻繁に見られる可能性があります。

PrEPの短期的な副作用

PrEPの薬を初めて使用する際に、短期的な副作用を経験する可能性が高いです。これはスタートアップ期間として知られ、通常は最初の数週間に起こります。短期的な副作用は簡単に我慢でき、数週間で消えます。

PrEPの短期的な副作用には、吐き気、腹痛、嘔吐、頭痛、疲労感が含まれます。これらの副作用は通常、PrEPの服用を止めることなく消えます。ただし、PrEPの副作用の重症度が増す場合は医師に相談する必要があります。副作用を軽減するために、食事と一緒にPrEPの錠剤を服用するか、他の市販の薬を使用することがアドバイスされる場合があります。

PrEPの長期的な副作用

PrEPの長期的な副作用は非常にまれです。PrEPの服用を続けることで、体は自動的に調整され、副作用を経験することはありません。一部の場合では、時間の経過とともに副作用が現れる場合もありますが、副作用を経験する人はごくわずかです。副作用のリスク要因には、年齢、PrEPの服用期間、腎臓の機能、および薬物の相互作用が含まれます。

特定の場合、PrEPによって肝臓の健康に影響が出ることがあります。肝臓が大きく、痛みを伴い、脂肪肝(脂肪の蓄積)となる可能性があります。別の長期的な副作用として、腎臓の問題があります。PrEPの薬物は血液中に長期間留まるため、腎臓の濾過能力を低下させる可能性があります。そのため、医師は錠剤の投与量を減らすかもしれません。もう1つの長期的な副作用は骨密度の低下です。一部の人では骨折のリスクがある可能性があります。ただし、研究によれば骨密度の低下は可逆的で軽度です。

PrEPに使用される薬物は組成とそれに伴う効果に違いがあります。Truvadaは腎臓の問題や骨密度の影響を引き起こす可能性があります。一方、Descovyは腎臓や骨の健康にほとんど影響を与えないため、Descovyを服用する場合はこれらの副作用が少ないかもしれません。ただし、Descovyはコレステロールレベルを上昇させる可能性が高いです。比較的、Truvadaはコレステロールレベルを低下させる可能性があります。

HIV陽性の場合、腎臓や骨の問題のリスクは高くなります。HIV陽性の人々は、複数の抗レトロウイルス薬の使用による副作用のリスクが高くなる場合があります。

PrEP治療は100%安全ですか?

PrEP治療はかなり安全で、HIV感染を予防するための治療として非常に耐用性があります。一部の人々は、副作用に関連する社会的なスティグマのためにPrEPを服用することに対して恐怖を感じるかもしれません。それにもかかわらず、PrEPはその効果と利点により、世界的に認識されています。

あなたの医療提供者は、PrEPを服用する資格があるかどうかを評価します。ただし、PrEPは最大の効果を得るために定期的に薬を服用するスケジュールにコミットメントを要します。PrEPの利益とリスクの比率を考えると、かなり有利に思えます。

単独で服用すると、活動中のHIV感染は薬剤に耐性を持つ可能性があるため、PrEPを服用する前に検査を受けることが重要です。ただし、PrEPはHIV感染を予防しますが、他の性感染症は予防しません。全ての性感染症から完全な保護を確保するために、PrEPの薬物治療と併用してコンドームを使用することが強く勧められます。

PrEPは感染を防ぐための予防接触法であり、HIV陰性の人々が服用するものです。PrEPは、HIVがあなたの免疫系に攻撃を仕掛けるのを防ぎます。毎日服用すると、血液中の薬物の量はウイルスの増殖を止め、感染を引き起こす経路をブロックするのに十分です。

ただし、他の方法でもPrEPを服用することができます。例えば、必要なときにPrEPを服用する方法や、イベントベースのPrEPを選ぶこともできます。いくつかの人々は、毎日の投与による副作用を心配して、イベントベースのPrEPを選択するかもしれません。

特定の理由により、一部の人々はPrEPの服用を中止することを決定する場合もあります。生活様式の変化によりHIV感染のリスクが低下した場合、または薬を服用することを忘れることが頻繁にある場合、PrEPの費用や入手性に関する懸念がある場合、副作用の管理や耐容性に問題がある場合、または薬物に対するアレルギー反応がある場合などです。

PrEPを再度開始する前に、再びHIV検査を受ける必要があります。PrEPを中止してから72時間以内にHIV陽性になった場合、再度PrEPを服用することは適していません。

もし服用を忘れた場合は、思い出した時点で直ちに錠剤を服用してください。ただし、次回の服用時刻が近い場合は、PrEPの服用を省略してください。PrEPの1回の服用を補うために2回服用してはいけません。PrEPの1回の服用を逃した場合でも、効果にはほとんど影響しません。しかし、錠剤の服用を頻繁に忘れると、HIV感染のリスクが高まる可能性があります。

肛門性交の場合、PrEPを連続的に7日間服用した後に最大の保護が得られます。膣性交や注射薬の使用の場合、PrEPの錠剤を約21日間定期的に服用した後に最大の保護が得られます。

結論 HIV感染のリスクが高い人々にとって、PrEP治療の利益は副作用を上回ります。処方通りに服用すれば、PrEPの薬物治療の効果は約90%です。PrEPの副作用は耐用可能であり、一貫した投与により消失します。さまざまな投与スケジュールによるPrEPの安全性と有効性に関するデータが継続的に発表されています。

PrEP薬物療法はHIVを予防する効果があり、個人の性的健康を完全にコントロールすることができます。PrEPは伝統的な避妊方法を超えて、HIV感染のリスクから解放された自由を提供します。あなたはHIVから保護されているという安心感を感じます。PrEPの最も良い副作用は、選択の自由と心の平穏です。

手頃な価格のPrEP薬物を入手してください

DeliverDoseは、プレミアム品質のPrEP薬物を直接あなたの玄関先に配送します。一部の注文金額に対しては、無料の配送オプションも提供しています。配送先の住所を提供し、支払い方法を選択するだけです。そして、薬物をあなたの玄関先に配送します。DeliverDoseはあなたのプライバシーを尊重し、すべての薬物は控えめな包装で配送されます。DeliverDoseは高品質な薬物を手頃な価格で提供することをお約束します。

今日、DeliverDoseでTenof-EMTafero-EMTenvir-EMTaficita、またはRicovir-EMを購入してお金を節約しましょう。

 

PrEPの副作用はどれくらいの期間続くのでしょうか?

初めて使用した最初の数週間や1か月の間に、一時的な副作用が起こることがありますが、その後徐々に収まっていきます。通常、副作用を解消するためにPrEPの服用を中止する必要はありません。

吐き気は通常数週間後に収まり、まれに見られる下痢も3〜4週間後に止まる傾向があります。食事と一緒にPrEPを服用すると、胃腸の副作用が緩和されると感じる人もいます。その他の副作用も数週間から1か月以内に収まることがあります。医師はまた、副作用を軽減するための市販薬の使用を勧めることがあります。

PrEPの服用を中止する前に、医療提供者に知らせる必要があります。急に薬を中止することには特定のリスクが伴います。医師は、状態や不調を評価し、PrEPの服用を中止する必要があるかどうかを判断します。PrEPの服用を中止する前に、肝炎Bウイルス(HBV)感染の検査も行われます。PrEPの服用を中止することで、活動性のある肝炎Bウイルス(HBV)感染が悪化する可能性があります。

無料のPrEP供給に登録する

毎月30日に、10つの有料注文を受け取るごとに、需要のある加入者に1か月分の無料のPrEP供給を送付しています。プログラムに登録するために、メールアドレスを入力してください。