4.6
Rated 4.6 out of 5

(すべてのレビューを見る)

Search

PrEP治療について知っておくべきこと

数十年前、HIV感染者はAIDSとして知られる潜在的に致命的な状態を発症する可能性が非常に高かったです。その後、意図しない結果を回避し、生活の質を向上させるために設計された治療選択肢が登場しました。PrEPなどの予防薬のおかげで、健康で幸福な生活を送ることは今ではずっと簡単です。

HIV感染の高いリスクを抱えている場合は、予防薬を服用するべきです。現在では、信頼できるオンライン薬局からPrEPを購入することが非常に便利になっています。これにより、ストレスのない、リスクのない生活を送ることができます。

PrEP薬について詳しく知るために、続けて読んでください。

PrEP薬とは何でしょうか?

Pre-Exposure Prophylaxis(PrEP)とは、HIV感染を予防するために食事の有無に関わらず毎日服用する薬です。HIVは予防されなければ免疫系に影響を及ぼす可能性があります。免疫系が弱まると危険な病気やエイズにつながることがあります。

通常、PrEP治療は組み合わせ薬の形で提供され、性行為や薬物注射時のHIV感染を予防するために毎日服用されます。Truvadaとして知られるPrEP製品には、テノホビルジソプロキシルフマル酸塩(TDF)とエムトリシタビンが含まれています。

より新しい薬として、エムトリシタビンとテノホビルアラフェナミド(TAF)から成るDescovyがあります。Descovyはまだ世界中のさまざまな国で認められていない場合もあります。ただし、オンラインでジェネリックのPrEP薬を入手することができます。

ジェネリックの製剤に含まれる成分は、ブランド名の製剤と同じです。ジェネリックとブランド名の両方の効果は同じです。ブランド名の薬ではなくジェネリックの薬を選択する場合、何の妥協もありません。

PrEPは体内でどのように作用するのでしょうか?

PrEPの錠剤は、直接体内の細胞内で作用します。PrEPの有効成分は、HIVが細胞に侵入し自己複製するのを防ぐ盾となります。もしHIVが細胞に侵入しなければ、感染は起こらず、体内の他の部位への拡散も防ぐことができます。

通常、HIVはリバーストランスクリプターゼと呼ばれる酵素によって、遺伝子情報であるRNAをDNAに変換し、それを使用して細胞内で自己複製します。体の免疫細胞はウイルスが増殖して拡散する場所です。テノホビルとエムトリシタビンは、HIVのリバーストランスクリプターゼを阻害する傾向があります。この酵素はウイルスが複製するために必要です。

PrEPとPEPの違いは次のとおりです

PrEP(事前暴露予防)は、HIV感染の高いリスクにさらされている人々のための予防薬として機能します。HIV感染のリスクが高い限り、PrEPは毎日服用する必要があります。PEP(事後暴露予防)は、HIVにさらされた場合に服用すべき治療薬です。疑わしい暴露の72時間以内にPEPを摂取することが勧められています。定期的にHIVにさらされている場合には、PEPは解決策ではありません。

PEP(ポストエクスポージャープロフィラクシス)の後にPrEP(プレエクスポージャープロフィラクシス)を開始することは可能ですか?

PEP(ポストエクスポージャープロフィラクシス)からPrEP(プレエクスポージャープロフィラクシス)に切り替えることができます。もし望むのであれば、PEPの後すぐにPrEPを開始することができます。PEPを受けた後もHIV感染のリスクが継続する場合は、PrEPに移行することが推奨されています。ただし、PEPの後にPrEPを開始する場合でも、通常のPrEPを開始する場合でも、同じ注意が必要です。最も重要な注意事項は、PrEPを開始する前にHIV感染の検査を受けることです。通常、PrEPの治療計画にはPEPに使用される薬が含まれているため、薬物とそれが体に及ぼす可能性のある副作用について認識しておく必要があります

PrEPを服用している間に検査を受けることが重要です。

PrEPの薬を始める前に、HIVおよび他の性感染症の検査を受ける必要があります。指先の刺しゅう検査など他の検査よりも、第4世代HIV検査がより正確な結果を提供します。検査前に高リスクな行動に関与した場合は、4週間後に再度検査を受けてHIV感染の有無を再確認することが勧められます。最近風邪のような症状がある場合は、PrEPを開始しないでください。これらはHIV感染の症状である可能性があります。

PrEP薬を始める前に必要な検査:

・HIV ・性感染症 ・腎機能検査 ・クレアチニン ・eGFR ・尿蛋白分析 ・B型肝炎

HIV陽性の状態でPrEPを服用するとウイルスの耐性が生じる可能性があります。また、腎機能とB型肝炎の検査も検討してください。PrEPを開始する前に腎機能をチェックすることは重要です。なぜなら、PrEP服用中に腎臓の問題を抱える人もいるからです。PrEP薬はB型肝炎にも効果があるため、PrEPを最も安全かつ効果的に利用するために、B型肝炎の検査も行うことが重要です。

PrEPはどれくらい効果的ですか?

PrEP薬は、HIV感染のリスクをほぼゼロに減らすことができます。報告によれば、PrEPを毎日服用すると、HIV感染のリスクを99%減らすことができます。薬物を注射する人々においては、PrEP薬の服用によりHIV感染のリスクを70%減らすことができます。

PrEPの効果を高めるにはどうすればいいですか?

PrEP薬の効果をさらに高めるためには、以下の注意点に従って服用することが重要です:

セックス時にはコンドームを使用すること 薬物を注射する際には針を共有しないこと 毎日規則正しく同じ時間にPrEP薬を服用すること PrEPの用量を飛ばさないこと

最良の結果を得るためには、処方された通りにPrEP薬を服用することが推奨されます。日常的に服用されていない場合、HIV感染のリスクが増加する可能性があります。肛門性交(受け身)の場合、PrEPを毎日服用し始めてから7日後に完全に保護されます。受け身の膣性交や薬物注射の場合は、毎日PrEPを開始してから21日後にHIV感染から完全に保護されます。

PrEPを服用している間に他の人に感染する可能性はありますか?

PrEP薬を服用する前にはHIV陰性である必要があります。つまり、PrEP薬を服用している間でも他の人に感染する可能性があります。ただし、PrEPは他の性感染症(STI)からは保護されませんので、STIがある場合はコンドームを使用しない場合に他の人に感染を広げる可能性があります。そのため、PrEPを服用している間も安全なセックスを実践することが推奨されます。

PrEPは他の性感染症(STI)から保護してくれますか?

PrEP薬はHIV感染を効果的に予防するものですが、淋病、クラミジア、梅毒など他の性感染症(STI)からは保護されません。STIから守るためには、男性用コンドームや内部(女性用)コンドームなど他の保護方法を使用する必要があります。コンドームはヘルペスや尖圭コンジローマなどのウイルス性STIのリスクも減らします。

PrEP治療は高額ですか?

PrEP治療の費用は、お住まいの国、薬局、製造元などの要因によって異なります。最初は、UKでIMPACTトライアルに参加している人々にのみPrEPが提供されていました。しかし、トライアルが終了した今、NHSの性感染症クリニックでもPrEPが利用可能です。私診の処方箋を受ける場合、1か月につき400ポンド以上の費用がかかることがあります。オンラインでの購入時には、PrEPはより手頃な価格で入手できます。

個人輸入については、UK、シンガポール、オーストラリア、香港、日本、スペインなどの国々では合法です。したがって、海外のオンライン薬局からPrEPをオンラインで購入することができます。通常、オンライン薬局での1か月分の費用は、私診のクリニックに行く場合よりも低くなります。また、ジェネリック版のPrEP薬は、ブランド名の製品よりも低価格でオンラインで入手できます。

PrEP薬を服用すべきですか?

HIV陰性であり、HIV感染の高いリスクにさらされている場合は、PrEPが適しています。過去6か月間に肛門性交または膣性交を経験した場合、以下の条件に該当する場合はPrEP薬を服用すべきです:

  • 性行為中に定期的にコンドームを使用していない(ベアバック)
  • 過去6か月間に性感染症(STD)の陽性反応が出たことがある
  • HIV陽性の性パートナーがいる(ウイルス量が検出限界以下でも該当)

薬物使用者は一般人よりもHIV感染のリスクが22倍高いため、PrEP薬を検討するべきです。薬物を使用していない場合でも、性パートナーが薬物使用者である場合はHIV感染のリスクがあります。注射器や針、その他の注射具を共有することがある場合は、HIV感染を予防するためにPrEP薬を服用するべきです。

PEP(事後曝露予防)が以前に処方され、高リスクな行動を続けている場合は、PrEP薬を検討するべきです。過去に複数のPEP薬のコースを受けた場合でも、PrEP薬が推奨されます。

HIV陽性のパートナーを持つ妊婦には、自身と赤ちゃんをHIV感染から保護するためにPrEP薬が推奨されます。妊娠中でありHIV陽性のパートナーを持つ場合は、PrEPの適応性について医師と相談するべきです。妊娠を希望している女性や授乳中の女性も、PrEP薬を服用できます。研究によると、PrEP薬は妊娠中や授乳中でも安全であることが示されています。

イベントベースのPrEPとは何ですか?

イベントベースのPrEPは、HIVの予防のためのより柔軟な方法であり、オンデマンドPrEPまたは2-1-1スケジュールとも呼ばれています。イベントベースのPrEPでは、セックスの前にPrEPの錠剤を2つ、2-24時間前に服用する必要があります。その後、セックスの24時間後にもう1つの錠剤を服用します。その後、さらに24時間後にもう1つのPrEPの錠剤を服用します。イベントベースのPrEPは、毎日のPrEPを服用したくない人やセックスを予測しやすい人に適しています。イベントベースのPrEPは、毎日のPrEPと同様に効果的です。

PrEPの副作用はありますか?

PrEPには、他の薬と同様にいくつかの副作用があります。PrEPの副作用は非常にまれですが、一部の人は一時的な副作用を経験することがあります。具体的な症状としては、吐き気、下痢、おなかの不快感などがあります。通常、これらの副作用は一時的で、体がPrEPに慣れるにつれて徐々に消えていきます。PrEPの一般的な副作用には以下があります:

・吐き気 ・下痢 ・頭痛 ・疲れやすさ ・めまい ・不眠 ・奇妙な夢 ・発疹

まれなケースでは、PrEPの使用中に腎臓の問題が発生することがあります。PrEP治療を開始する前および治療中に、血清クレアチニン、クレアチニンクリアランス、尿中のタンパク質およびグルコースなど、腎機能を評価するための検査を定期的に行うことが推奨されます。定期的な検査は、医師に相談してください。

一部の場合、PrEPの使用により骨密度が低下することがあります。研究によると、定期的にPrEPを使用する人は、脊椎の骨密度が1.2%低下し、股関節の骨密度が0.5%低下する可能性があります。ただし、ほとんどのPrEP使用者にとって、骨密度の低下は重大な副作用を引き起こしません。骨折のリスクがある人は、骨密度を定期的にモニタリングする必要があります。

PrEPを始める前に、その他の可能な副作用や薬物相互作用について医師と話し合うべきです。

PrEP薬に関する他のよくある質問

誰がPrEPを服用すべきですか?

HIV感染のリスクが高い人は、PrEPを検討すべきです。コンドームを使用せずに性行為を行ったり、注射薬を使用するHIV陰性の人は、PrEP薬の服用を考慮すべきです。HIV感染のリスクは、肛門性行為が膣性行為よりも10倍高いです。

PrEPを服用中にコンドームを使用する必要がありますか?

HIVの予防に関しては、PrEPはコンドームよりも効果的です。ただし、PrEPは淋病やクラミジアなどの他の性感染症には効果がありませんので、保護のためにはコンドームを使用する必要があります。

PrEPの服用によって疲れることがありますか?

通常、PrEPは安全な薬です。しかし、一部の人には少しの疲労感や倦怠感を引き起こすことがあります。人体はPrEP薬に対して個別に反応するため、PrEPを服用している間に疲労感や倦怠感を感じるかどうかは個人により異なります。

PrEPを服用中にアルコールを摂取しても大丈夫ですか?

研究によれば、アルコールとPrEPの間には相互作用はありません。ただし、PrEP治療の規則正しい服用に影響を与える可能性があるため、アルコールの過剰摂取はPrEPの効果を間接的に低下させることがあります。

PrEPはずっと服用する必要がありますか?

PrEPは毎日規則正しく服用することが最も効果的です。ただし、一部の人は高リスク行動を行わなくなった、重篤な副作用を経験した、または薬を忘れることが多くなったため、PrEPの服用を中止する場合もあります。

他の薬と一緒にPrEPを服用しても大丈夫ですか?

PrEPとの相互作用を起こす薬は非常に少ないです。PrEPを服用している間は、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)の使用を監視または避けることがあります。これらの

薬は腎臓に負担をかけて腎機能障害を引き起こす可能性があります。他にも腎臓に影響を与える可能性のある薬として、Zovirax(アシクロビル)、Valtrex(バラシクロビル)、Cytovene(ガンシクロビル)があります。その他の潜在的な薬物相互作用については、医師に相談することができます。

PrEP薬を服用しているトランスジェンダーの人々は、ホルモン補充療法との相互作用について心配する必要はありません。

PrEPを始める前に理解しておくべきことは何ですか?

PrEPを開始する前に、資格を判断するために特定の検査を受ける必要があります。これらの検査は、医療提供者によって実施されます。

PrEPを服用中でもPEPを服用できますか?

PEP(事後暴露予防)は、性行為や針の共有を通じてHIVにさらされた可能性がある場合に服用する必要があります。PEPは予防措置として服用されます。高リスク行動を継続的に行うことが予測される場合は、HIV感染リスクを減らすためにPrEP(事前暴露予防)の服用を検討することができます。

最適なPrEP薬は何ですか?

あなたに適したものが最高のPrEP薬です。テノホビルとエムトリシタビンの組み合わせを含むジェネリックのPrEP薬があります。これらの有効成分はHIV感染のリスクを低下させます。総合的な状態に基づいて適切なPrEP投与量を決定するために、医師と相談する必要があります。

海外の薬局からオンラインでPrEP薬を購入および輸入することは安全で合法ですか?

英国、オーストラリア、日本、シンガポール、香港などの国では、評判の良いオンライン薬局からPrEPをオンラインで安全に購入することは完全に安全で合法です。オンラインでPrEPを購入する前に、ご自身の国の要件を確認する必要

してください。

PrEPを安全に購入するためには、DeliverDoseがお手伝いできます。最高品質の手頃な価格のPrEP薬を、個人情報を守りつつ、控えめな梱包で玄関先までお届けします。一定の注文金額により、無料の配送サービスも提供されています。

DeliverDoseは、あなたの健康とプライバシーを最優先に考え、最高品質の医薬品を手頃な価格で提供しています。

安全にオンラインでPrEPを購入する詳細については、以下をご覧ください。

無料のPrEP供給に登録する

私たちが受け取る有料注文10件ごとに、毎月30日に必要な方に1か月分の無料PrEPを送付しています。プログラムに登録するには、メールアドレスを入力してください。